自然素材だからってなんでもいいわけじゃない。家づくりで大切な素材選びのこと。

今日はナチュールホームの家づくりで使用している素材のことを少し書きたいと思います。そういえば私自身、最近「自然素材」という言葉を使うことが少なくなった、とふと思ったんですよ。昔は「自然素材」というだけでちょっと珍しかったけれど、今はどんな会社でも「自然素材使ってますよ」・・・と言ってるみたいですし(笑)「自然素材」には定義がないからなんとでも言えちゃうしね。

私たちが家づくりで使用している天然の材料は自然素材だからという理由だけで選んでいるわけじゃなくて、雰囲気や経年による変化や健康や・・・それを求めた結果選んだ材料がたまたま「自然素材」だっただけでした。

ナチュールホームの素材選び

ナチュールホームの家のコーディネートや素材選びは社長の主人がやっているんですけど、私はそんな素材たちが大好きなんです。「素朴が好き」という社長の選ぶ素材は経年によっての変化が楽しみになるようなものを基本としているからか、飾り気がないけど味わいがあるなぁと感じています。

. アイアンハンドルのラフスケッチ。 素材感や質感を伝えるには図面より絵の方が分かりやすいんですよね。 これは実際につくる職人が描いたものです。 . 取り付ける場所は、現在建築中の岐阜市のオーガニックカフェの玄関ドアに。 蜜蝋で仕上げるこだわりの一品です。 . はぁ〜カッコいいんだろうな〜✨ 完成の姿を想像するだけでウキウキしちゃいますね(^^) . #アイアンハンドル #アイアン取っ手 #鍛鉄 #玄関ドア #岐阜カフェ #自然素材 #自然素材の家 #ナチュラルインテリア #インテリア #男前インテリア #ナチュラルな暮らし #暮らしを楽しむ #新築 #注文住宅 #マイホーム #マイホーム計画 #岐阜 #ナチュールホーム

A post shared by 高橋普佐男 (@fusao_takahashi) on

「自然素材だから健康に暮らせますよ」とか「自然素材だから雰囲気がいいですよ」っていう単純なものじゃなくて、素材愛もハンパなくって(笑)まぁ、自然素材を使えば健康に暮らせるというわけではないですし、自然素材ならなんでも雰囲気がよく感じられるわけでもないですけどね。(自然素材と健康について詳しく知りたい方はお会いした時にじっくりとお伝えしますので、社長や私にお尋ねくださいね!)

自称素材マニアという社長は一級建築士でありながら、実はバリバリの理系ではなくて、どちらかといえば文系でアートが好きな人。独自の世界観が今のナチュールホームの家のデザインに繋がってるんだぁと感じています。最近は男性のファンの方も増えてきて、多分ですけど社長の世界観に共感してくださってるのかなぁと私も嬉しく思っています(笑)

. リビングの吹抜けと階段の腰壁。 こんな自由にアーチ形状にできるのは、塗り壁ならではですね。 . いろんな塗り壁の中でも、真っ白を保つことのできる漆喰がお勧めです。 . 木部はクリアオイル仕上げ。 色バランスもいいですね。 . 17、18日に羽島市でオープンハウスやります。 白い壁に興味のある方ぜひ! . . #ナチュールホーム #漆喰壁 #塗り壁 #吹抜け #階段 #リビング #自然素材の家 #かわいい家 #かっこいい家 #白い家 #真っ白な家 #ナチュラルインテリア #塗り壁 #漆喰壁 #ナチュラルな暮らし #暮らしを楽しむ #マイホーム #マイホーム計画 #新築 #リノベーション #岐阜 #羽島市

A post shared by 高橋普佐男 (@fusao_takahashi) on

選んだ素材の活かし方が大切

そしてその選んだ素材を活かすことが実はもっとも大切とのこと。例えば、料理でも素材を活かした料理をすることで、素材本来の味わいが感じられて美味しくいただけるように、家づくりも素材のことを理解した人がその素材を活かした仕上げをすることで素材本来のよさを感じられる「なぜかいいよね」という空間ができるのだと思います。

(あ、「なぜかいいよね」は建築されたお客様からいただいた言葉です。「漆喰」一つとってもナチュールホームのは他の会社とは違う「なぜかいいよね」というお話しでした!笑)

例えば塗装、木目を活かしたマットな風合いの塗料を選び仕上げていますが、もちろん安全なものを使用するのは当たり前。新築の時だけでなく、古くなっていってもかっこいい古さを感じたり、メンテナンスがしやすかったり。

そういった細かいところが実はとても大切だと思っています。ナチュールホームで建てて10年経った我が家も味わいと愛着を感じながら暮らせているのはそういうところなのかな・・・と思うのですよ。

実際に体感してみるのが早いです

言葉にするとなんだか難しく感じられるかもしれないですね(笑)一番は見て、感じてもらうことだと思っています!今なら、普段のショールーム見学に加えて、完成した家を見ていただくこともできますよ。

こちらはショールームです♩

こちらはショールームです♩

おすすめは、完成したばかりの家を見てから、築6年になるショールームを見ていただくパターンでしょうか。ショールームにはキッチンやお風呂はないですけど、普段住宅で使用している内外装、性能を使用してますので、経年の様子や冬の暖かさなども体感していただけます。

羽島市舟橋町でオープンハウスを開催!

2月17日(土)18日(日)に羽島市で開催のオープンハウスは「家事が楽になるママに優しい家」ということで、「リビングの一角にあるキッズコーナー」「まとめ買いでも心強い収納や室内干しスペース」その他にも働くママにとって参考になることがいっぱい!吹き抜けを通じて開放的で明るい空間のN様ご家族の想いが詰まったおうちを見に来てくださいね。

今回は見学会前にエアコンの設置が間に合いそうなので、エアコン一台で家中が暖かい、全館暖房も体感してもらえる予定です!

詳細&ご予約はこちらからどうぞ♩

27545040_1551626778315911_1965888950725419812_n

※ホームページ掲載の予約状況はリアルタイムではないため、もしも埋まってしまった場合は改めて日時のご連絡させていただきます。どうぞよろしくお願いします。

よろしかったらこちらもどうぞ♩

☆かわいいおうちのInstagramこちら毎日投稿しています。いいね!応援お願いします(^ ^)フォローしてくれたら嬉しいです〜♩

プロフィール
プロフィール 高橋紀子
暮らしづくりアドバイザー:ナチュールホーム
名古屋生まれ名古屋育ち。岐阜県羽島市にある住宅デザイン施工会社、ナチュールホームを主人と経営。結婚後最初に住み始めたアパート暮らしをきっかけに、「暮らしやすさ」「自分らしさ」「健康」を大切にした家を考えるように。

その後に建てた家で家族4人(夫・長女11歳・長男8歳)と日々の何気ない暮らしを愉しみながら過ごしています。趣味は日常の何気ない幸せを撮ることと、心地いい場所を探し訪れること。経年を楽しむ暮らしや主婦目線の家づくりについて情報を発信しています。

シェアする