簡単ピザ釜作りを体験!庭のある暮らしをもっと楽しむ方法。

自宅の庭にピザ釜は憧れ✨

楽しみにしていたピザ釜作りを楽しんできました〜♩

山の近い景色を眺めながらのピザ釜づくり。

自宅に庭を作ったらピザ釜欲しいなぁとずっと思いながらも、「雨よけがないと劣化するよ」とか、「費用をかけて作ったはいいけど実際に使いこなしている人は少ないって」なんて話を聞くから簡単に作れないまま。だから、使いたい時だけ設置できる簡易ピザ釜の話を聞いたとき「そんないいものが簡単にできるんだ」と嬉しくなっちゃったのです。

庭のある暮らしをもっと楽しもう

そして、せっかくだから私たちファミリーだけじゃなくて、ナチュールホームで建築されたOBさまたちもお庭での暮らしを楽しみたい方が多いはず!と思い、お声がけして開催が決定。バーベキュー好きな方や食べること大好きなファミリーが参加してくれることになりました。

木漏れ日が綺麗な木陰で食材の準備✨

今回の会場は垂井の木工房結さん。 私も曲げわっぱを使わせてもらっているのですが、そういった小物から大きな家具まで作られているそう。カフェも併設されていて、工房を含め4年がかりでセルフビルドで作られた建物も味わいが深くて、山が近くて自然がいっぱいの素敵な場所。子供達はカエルや蟹を捕まえて楽しそうでした〜!

石窯に詳しいオーナーの黒川さんが今回教えてくれました。私たち高橋ファミリーもOBさまたちと同じ教えてもらう立場。家でしっかりとピザパーティーを楽しめるように学んできました。

まずはピザ釜についてのお話から

ピザ釜って知らなかったんですけど、火で焼くのではなくて、耐火レンガを温めてその蓄熱でピザを焼くらしいのですよね。簡易設置型のピザ釜は隙間が多いので通常のピザ釜のように400度までは上がらないけれど、とても高温になるとのこと。炭ではなくて蒔の方が高温になって適しているとか、広葉樹や針葉樹の使い方や特徴の話も興味深かったです。

火加減などはパパさんたちがんばってましたよ〜。試し焼きで用意してくれたピザが本当に美味しくって、子供たちもペロリ。ウインナーもびっくりするほどジューシーに焼けることにびっくり。(肉汁が滴って熱かったとかも💦)

真剣な表情で火加減を覚えるパパたち。

楽しみにしていた試食タイム

焼きたいものを持ち寄って、いろいろなもの焼きました〜!

焼く前のウインナーとしいたけ♡

ドリアもいい感じにできたよ〜♡

どれも美味しかったけれど、子供達はピザが一番だったとのこと。さすがピザ釜!(笑)気軽で早く焼けて美味しい!そしてやっぱり気持ちの景色で食べる料理は最高ですね。家の中でピザもいいけど、外だともっと楽しく美味しく感じるのはなぜだろう?笑。

ピザは子供達に大人気。

OBさま持参の塩麹漬け豚肉もこんがり〜♩

ピザも持ち寄り食材も美味しくってお腹いっぱいに(笑)ミントたっぷりのノンアルコールモヒートも美味しかった✨みなさん、ありがとうございました!

おうちでピザパーティーを楽しもう♩

今度は家でやってみよう!我が家の場合、パパは日曜日も仕事になることが多いので予定はなかなか立てられないけれど、煙がもくもくしても近所の方に迷惑にならない立地を生かし、ピザ焼くよ〜!食べるよ〜!これは田舎暮らしの特権ですね(笑)

おうちバーベキューに続き、庭での暮らしの楽しみが増えました〜。

カフェ結さんで食べたシフォンケーキも本当に美味しくて幸せな味♡

よろしかったらこちらもどうぞ♩

☆かわいいおうちのInstagramこちら毎日投稿しています。いいね!応援お願いします(^ ^)フォローしてくれたら嬉しいです〜♩

☆ナチュールホームのピンタレストこちら。施工例をカテゴリー別で見ることができますよ♩

プロフィール
プロフィール 高橋紀子
暮らしづくりアドバイザー:ナチュールホーム
名古屋生まれ名古屋育ち。岐阜県羽島市にある住宅デザイン施工会社、ナチュールホームを主人と経営。結婚後最初に住み始めたアパート暮らしをきっかけに、「暮らしやすさ」「自分らしさ」「健康」を大切にした家を考えるように。

その後に建てた家で家族4人(夫・長女11歳・長男8歳)と日々の何気ない暮らしを愉しみながら過ごしています。趣味は日常の何気ない幸せを撮ることと、心地いい場所を探し訪れること。経年を楽しむ暮らしや主婦目線の家づくりについて情報を発信しています。

シェアする